記事一覧

たぶん、ヤマハギじゃないかと・・・

駿府公園・紅葉山庭園の塀沿い。
ヤマハギ 111018
ハギの花がいっぱい \(^(エ)^)/
ヤマハギ・ちょっとアップ 111018
種類は何かな

候補は三つ
 マルバハギ(まるばはぎ)  【円葉萩】 [学名:Lespedeza cyrtobotrya Miq.]
マメ科の落葉低木。ハギの1種で、茎は高さ約1.5メートル、木質化する。初秋のころ、葉より短い花序をつくり、葉の間に埋まったように紅紫色で長さ約1センチメートルの蝶形花(ちょうけいか)を開く。翼弁が竜骨弁より長いのが特徴である。萼(がく)の先は長く伸び、鋭くとがる。果実は楕円(だえん)状で長さ約5ミリメートル。ヤマハギと同様に日なたに生育し、低地ではヤマハギより普通にみられる。東北、中部地方の日本海側を除く本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。  [ 執筆者:秋山 忍 ]
 ヤマハギ(やまはぎ)  【山萩】 [学名:Lespedeza bicolor Turcz]
マメ科の落葉低木。一般にハギと称される種の一つである。茎は高さ約1メートル、木質化する。初秋のころ、葉腋(ようえき)に総状花序をつくり、紅紫色で長さ約1センチメートルの蝶形花(ちょうけいか)を数個~十数個開く。花期後、長さ、幅とも5~7ミリメートルの平たい果実を結ぶ。伐採地、崩壊地、道端などの日当りのよい場所に生え、北海道、本州、四国、九州、および朝鮮半島、中国、ロシア極東部に分布する。  [ 執筆者:秋山 忍 ]
 ツクシハギ(つくしはぎ)  【筑紫萩】 [学名:Lespedeza homoloba Nakai]
マメ科の落葉低木。日本特産のハギの一種で、高さ2メートルに達し、茎は木化する。花は蝶形(ちょうけい)で長さ約1センチメートル、白色を帯びた紅紫色であるが、翼弁は紅紫色となる。日なたに普通にみられるが、林の縁など半日陰の所にも生育する。北部の日本海側を除く本州から九州に分布する。 [ 執筆者:秋山 忍 ]
  Yahoo!百科事典・日本大百科全書(小学館)


さ、どれ
ヤマハギの中に埋もれて 111018
高さ、2メートル近い。枝垂れてる。
じゃ、ツクシハギ


よ~く観察しよう。
ヤマハギの花をじっと 111018
ツクシハギは「白色を帯びた紅紫色であるが、翼弁は紅紫色となる。
色がちょっと、違うかな。 

もっとよ~く。
花弁の説明 111018
マルバハギは「翼弁が竜骨弁より長いのが特徴である。 
あ、これは、違うね。 

とりあえず、ヤマハギに決定 
ツクシハギの可能性も捨てきれないんだけどね。

ま、見るだけだもん。
綺麗なら、種類なんて、なんだって良いんだよ
ちょっぴり気にはなるけどさ・・・


ヤマハギの花を見る 111018バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン



スポンサーサイト

コメント

なるほどなあ。

おいらは植物に詳しくないんですが、
花の形を見て、何科の植物なのかな?と推測します。
萩とか藤の花はマメ科っぽい。
前の記事でありましたショウキズイセンは
ヒガンバナ科なのですがユリの花にも似てますね。

Re: なるほどなあ。

僕も詳しくないから、調べるのが大変です。
花や葉を見て当たりをつけて調べるんですが・・・

ショウキズイセンは、もともとどういう花か知っていて、実物を見たいな、と思っていたんですよ。
細めのユリが輪を描くように咲いてるって感じですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜葉くまりん(期間限定)

Author:桜葉くまりん(期間限定)
くまちゃんは、美しいものが大好き!
美を感じることは、心の糧になるんだよ。

FC2カウンター

くま出没のせいか、人出没が少ない。

フリーエリア