記事一覧

今宵忘れず、十三夜の月を観よう。

今日は、所謂旧暦9月13日。
ということは・・・

九月十三夜
 八月十五夜の月に対して「後(のち)の月」と呼ばれる。十三夜は日本独自の風習と言われている。ちょうど食べ頃の大豆や栗などを供えることから、この夜の月を豆名月(まめめいげつ)または栗名月(くりめいげつ)と呼ばれる。
 江戸時代の遊里では、十五夜と十三夜の両方を祝い、どちらか片方の月見しかしない客は「片月見」または「片見月」で縁起が悪いと遊女らに嫌われた。二度目の通いを確実に行なうために、十五夜に有力な客を誘う(相手はどうしても十三夜にも来なければならないため)風習があった。
  月見 - Wikipedia

十五夜はちゃんと観た。
中秋の名月23時16分
それだけに、今夜の月を観ないと、「片見月(かたみづき)」となり、縁起が悪いこととなる。
琴光喜に耳打ち  ちなみにこちらは「琴光喜(ことみつき)」。甚だ縁起の悪い御仁だ。


遊女に嫌われたら、困るだろうが

昨夜、十二夜の月

十二夜の月 111008-1907
ボケ気味なのは、薄い雲が掛かっていたせい、としたいところだが、失敗は失敗。
今夜は上手く撮らなくちゃ。


にほんブログ村
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜葉くまりん(期間限定)

Author:桜葉くまりん(期間限定)
くまちゃんは、美しいものが大好き!
美を感じることは、心の糧になるんだよ。

FC2カウンター

くま出没のせいか、人出没が少ない。

フリーエリア